利用案内

  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
  • 植物園の役割・歴史
  • 入園のご案内
  • 会議室・写真撮影
  • アクセス

ホームの中の利用案内の中の植物園の役割・歴史

植物園の役割

福岡市植物園は、植物の展示及び緑化の普及啓発とレクレーション機能を備え、市民の憩いの場として、楽しみながら緑を育てることを学ぶことが出来る都市緑化植物園です。

  レクリエーションの場:都心の生きた緑のオアシス  
指導・相談:植物の育成管理方法 福岡市植物園 研修・養成:家庭や地域の緑化研修、リーダーの育成
展示・普及:緑化樹や草花 開発・研究:家庭や地域の緑化の技術及び新たな緑化植物の導入
楽しみながら学ぶ

福岡市植物園の歴史

福岡市はじめての市立動植物園は、昭和天皇御即位記念事業施設として昭和3年の発議以来5年の歳月を費やして、昭和8年8月20日に「御大典記念・福岡市動物園」とういう名称で開園しました。

  • 植物園前史(大正5年~昭和54年)
  • 植物園の歩み(昭和55年~昭和63年)
  • 植物園の歩み(平成元年~平成9年)
  • 植物園の歩み(平成10年~平成19年)
  • 植物園の歩み(平成20年~)

Copyright ©  Fukuoka City Botanical Garden. All Right Reserved.