新着情報

  • Price(English)
  • 요금 (한국어)
  • 費用(繁體字中文)
  • 费用(简体字中文)

ホームの中の緑の相談の中の「サクラ切るバカ…」などといいますが,サクラの枝は切ってはいけないのでしょうか

「サクラ切るバカ…」などといいますが,サクラの枝は切ってはいけないのでしょうか
庭木・樹木

サクラの木は枝を切ってそのままにしておくと,切り口から腐れが入って木が弱ることからこのような言い習わしがあります。一方でサクラ類は地際近くからたくさん萌芽しやすい性質があり,そのままだと枝分かれして樹形が崩れやすいのも事実です。その場合不要な枝を早目に除去することにより端正な姿に仕立てられます。

剪定鋏で切れる程度(直径2cmくらい)の枝であればそのまま放置しても構いませんが,それ以上太い枝を鋸などで切った場合は切り口に癒合促進剤を塗りつけてください。そうすれば腐れが入らずに切り口が巻き込み,直径5~6cm位の切口であれば2~3年で目立たなくなります。それ以上の大きさではどうしても元の木に腐れが入りますので,できるだけ早い処置をしてください。切る位置は枝分かれしているところで行うのが基本です。剪定時期は細い枝であればいつでもかまいませんが,太い枝は樹液の出にくい冬の時期がいいようです。

サクラの中でもソメイヨシノは特にテングス病にかかりやすく,放置しておくと木全体に広がって見苦しい上に,花が咲かなくなりますので,早めに病気にかかった枝を切り取ることが必要です。

緑の相談へ戻る

個人情報保護方針サイトマップCopyright © 2017 Fukuoka City Botanical Garden. All Right Reserved.